雪化粧の高尾山~藍染山~復元道を歩く

歯の治療で小松島まで出かける予定でしたが、降雪のため中止して、雪化粧の高尾山歩きを楽しみました。

立春寒波で、高尾山にも粉雪が舞い、急に山歩きがしたくなり、膝の痛みも顧みず出かけました(#^.^#)

山歩き用の長靴に、軽アイゼンを着け、ダブルストックを使用、膝にはテーピングを施し、万全の準備をしました。

お陰で、急な下りもスリップせずに降りられて膝への負担も軽減され痛みも発生せずに歩けました。


★★★ コース図 etrex20/K3D ★★★
a0320976_06421250.jpg


★★★ コース断面図 etrex20/K3D ★★★
a0320976_06444213.jpg


★★★ Ambit Movescount Data ★★★
a0320976_06461961.jpg
歩行時分/3:38--歩行距離/7.53km--獲得標高/594m


★★★ 復元道について ★★★
a0320976_06513120.jpg
古い地形図(大正6年測図 昭和5年3月印刷 初刷版)にある高尾山から冨ノ谷への道


a0320976_06543883.jpg
2017年2月10日 アトミックさんとなるきんさんに出会い冨ノ谷への下降に同行しました


a0320976_06564597.jpg
下降出だしから、背丈以上の羊歯に阻まれ、ルートを探すのが非常に難しかった。
読図力に長けていて、藪漕ぎのベテランであるアトミックさんの突進パワーに敬服しました

難関であったこの冨ノ谷へのルートを見事切り開いたアトミックさんを初めとする仲間の皆さんに
改めて、感謝しお礼とお疲れ様を謝します。ありがとうございました。


★★★ PHOTO ★★★
a0320976_07061559.jpg
10:36 自宅から歩いて10分ほどの処に平山登山口があります。


a0320976_07080168.jpg
11:25~11:45 高尾山山頂


a0320976_07090358.jpg
愛用の山歩き用長靴に軽アイゼンを装着


a0320976_07114556.jpg
12:01 宮処 


a0320976_07125917.jpg
12:54 尾根づたいの急坂道をさけて新しく出来ている迂回路を経て藍染山に


a0320976_07143637.jpg
13:02~13:17 鉄塔No.17にて昼食(寒餅2個と温かいお茶)


a0320976_07172204.jpg
14:08 高尾山への新しいルート 復元道の入口  ダブルストックで歩きました


a0320976_07200325.jpga0320976_07203589.jpg
14:21 両サイドの羊歯の高さをみれば凄いところを刈り込んだものだ驚嘆!!


a0320976_07242065.jpg
14:27 400m付近の展望が良い見晴台 藍染山・万石山が目の前に


a0320976_07274555.jpg
14:39 冨ノ谷分岐標識があるところに出た


a0320976_07301987.jpg
こんかい初めて使用した軽アイゼン
アイゼン特有の「雪の団子」は付ますが、快適に歩けました。


[PR]
by asan-72 | 2018-02-06 22:24 | 登山

後期高齢者の里山歩き


by 阿讃道人
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30